はじめに

外部ストロボが必要な理由

さて、まずは下の写真をご覧ください。
zoom
@ PNG
zoom
@ PNG

皆さんにお聞きします。
さて、どっちが良い写真でしょうか?
と言っても人の価値観は好みは皆それぞれで一概に決められませんね。
では言い方を変えます。
「どっちが綺麗に撮れていますか?」
これでしたら、おそらく殆どの方が右の写真を選ぶ筈です。
このクマノミの写真、お子様でも足が着く水深約1メートル足らずで撮影されています。
本格的なダイビングではなく、シュノーケルで撮影し、時間は昼の陽が少しずつ陰り始めた頃でしょうか。
左の写真は、内蔵ストロボで撮影しました。
右の写真は、外部ストロボで撮影しました。
その他の撮影条件は同じです。
このように外部ストロボは、デジタルカメラの内蔵ストロボと違い、水中専用に作られているので、水の層によって失われる被写体(魚や動物)の本来の色を再現してくれるのです。

もしかしたら、浅い海では外部ストロボは必要ないと思ってはいませんか?
答えはノーです。
太陽光が降り注ぐ美しいサンゴ礁や、綺麗なビーチではあえて自然光で撮影したりする事が出来ますが、それ以外では、ストロボが効果を発揮するシーンは非常に多いのです。

zoom
@ PNG
zoom
@ PNG
zoom
@ PNG
zoom
@ PNG

上の写真は水深約15?20メートルです。
これはもう明らかですね。左の写真はノーストロボ(自然光のみ)です。ほとんどブルーの色がかぶってしまい暗い写真になっています。
右は、ちゃんと光が当たっているので、魚の色やソフトコーラルの色が再現されています。
SEA&SEAでは、最初の水中デジカメ撮影デビューの時から、外部ストロボは用意していただきたいと推奨しています。

ワイドコンバージョンレンズが必要な理由

次に下の写真を見比べてください。
zoom
@ PNG
zoom
@ PNG

またまた同様の質問します。
「どっちが綺麗に撮れていますか?」
綺麗という表現は曖昧ですね。これも人によって価値観が違います。
では、質問を変えましょう。
「どっちが鮮明に撮れていますか?」
おそらく殆どの方が右の写真を選ぶ筈です。
このサンゴの写真は、水深約5メートルで撮影されています。
本格的なダイビングではなく、シュノーケルで撮影し、時間は昼の陽が少しずつ陰り始めた頃でしょうか。
左の写真は、ワイドコンバージョンレンズなしで撮影しました。
右の写真は、ワイドコンバージョンレンズありで撮影しました。
その他の撮影条件は同じです。

写真は、サンゴをワイドコンバージョンレンズありと、ワイドコンバージョンレンズなしで撮影し比べてみました。
ワイドコンバージョンレンズの利点に「広がりのある景色が撮れる」事がよく紹介されますが、あえて別の言い方をします。

1.(被写体に寄れるので)被写体と、カメラの間の水の層が少なくなり、より鮮明に、被写体を撮影できる。
2.ワイドコンバージョンレンズを使えば、被写界深度が深くなる為、よりピントが合う範囲が広くなり、より鮮明に、被写体を撮影できる。
3.ワイドコンバージョンレンズを使えば、ストロボの光が届き易くなるので、より色が鮮明に撮影できる。

つまり、ワイドコンバージョンレンズなしの写真の方は、被写体から(ワイドコンバージョンレンズありと比較し、)後ろで、(若しくは、より距離を置いて、)撮影する事となるので、このようにモヤがかかったような画像になります。

後で、詳しくご説明しますが、
水中写真の基本に「寄って撮る」という事が挙げられます。
ワイドコンバージョンレンズは被写体に対して、最大限に寄れる特性があるので、水の層(ブルー)や浮遊物の写り込みを軽減し、くっくりと鮮やかな写真が撮れるのです。

ワイドコンバージョンレンズのもうひとつのメリット

zoom
@ PNG
zoom
@ PNG

左の写真は、ワイドコンバージョンレンズなしで撮影しました。
右の写真は、ワイドコンバージョンレンズありで撮影しました。
どちらもその他の撮影条件は同じです。

先に述べたように、同条件で撮影しても、ワイドコンバージョンレンズありの方が鮮明に映し出していますね。
上の方を見比べてください。
太陽は写っていませんが、光のグラデーションが湾曲し、綺麗な弧を描いています。
これも後で、詳しくご説明しますが、ワイドコンバージョンレンズの効果では、水中独特の光のグラデーション効果を誇張して撮影できます。

まずは、あまりダイビング専門誌にも書かれていないメーカー側の考えから述べさせていただきました。
さあ、それでは、いよいよ水中写真デビューへの道をご紹介していきましょう。