ストロボ撮影の基本

SEA&SEAでは、マクロからワイドまで様々なシーンに対応するYSシリーズストロボをラインナップしています。それぞれの目的に応じて、撮影シーンに適した使いやすいストロボを選ぶことで、ストレスを感じなかったり、シャッターチャンスを逃す可能性が減ってきます。外部ストロボを使用するとご覧の通り、美しく撮影できるようになります。もちろんそれには理由があります。ご説明しましょう。

ストロボ撮影の基本

zoom
(c)Masaaki Harada @ Ishigakijima
自然光のみではご覧のように薄暗い(冷たい)画像になってしまいます。本来の体の色が青カブリして、このようになってしまうのです。
zoom
(c)Masaaki Harada @ Ishigakijima
外部ストロボを使用することで、写真のように鮮やかな体色が浮かび上がり、透明感のある魚体もはっきりと写し出すことができ、背景のブルーもきれいに撮影できます。
コンパクトデジタルカメラ本体の内蔵ストロボはレンズ近くにあり場所の移動ができません。ですから内蔵ストロボだけで撮影すると、いつも画面が均等に、もしくは一カ所だけが不自然に明るくなってしまいます。それに対して、デジタル対応外部ストロボはアームで自由にライティング位置を変える事ができ、被写体によって角度をつけて最適な場所から光を当てることができるのです。

外部ストロボの必要なワケとは?

コンパクトデジタルカメラ本体の内蔵ストロボは水中でも使用可能ですが、
水中のシチュエーション(透明度が悪い等)によっては、マリンスノー現象(水中の砂、ゴミが乱反射し、雪が降ったように液晶モニターに白い点々が発生してしまう事)が起きてしまうと、内蔵ストロボをOFF(発光禁止モード)にして撮影しなければなりません。また自然光のみですと、青カブリの写真=ブルーやグリーン(海の色)1色の単調な画像になってしまいます。それを一気に解決するのが外部ストロボです。離れた被写体やワイドな被写体でも本来持つ色彩を再現することができます。
zoom
(c)Masaaki Harada @ Ishigakijima
いわゆる青カブリと呼ばれる写真です。また自然光(ノーストロボ)撮影では、カメラのセンサーが自動的にスローシャッターに設定してしまう傾向があるので、このようにブレた写真になってしまいます。
zoom
(c)Masaaki Harada @ Ishigakijima
外部ストロボで、キンメモドキの本来の色(体色)が浮かび上がりました。

青カブリはなぜ起きるのでしょう

水中では、水によって光り(太陽光など)が吸収されてしまい、赤色や黄色などから色が失われて
いきます。場所や天候にもよりますが、深くいけばいくほど、青一色になります。そこでノーストロボで撮影すると、当然このような写真しか撮れません。
(c)Masaaki Harada @ Ishigakijima
(c)Masaaki Harada @ Ishigakijima
完全に青カブリの写真です。良いか悪いかは別にして、青色に統一されたトーンになります。

内蔵ストロボの限界

あえて人工的な光「外部ストロボ」を使い、本来被写体の持つ色を忠実に再現してあげる事が
外部ストロボの狙いです。内蔵ストロボでOKでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。OKです。ただしマクロ撮影のみになります。何故って?デジタルカメラの内蔵ストロボは陸上撮影を目的に作られています。つまり、陸上では効果を発揮する内蔵ストロボでも、いざ水中で使用すると、全然光が行き渡りません。パワー(光量=ガイドナンバー)が足りないのです。だからマクロ限定なのです。(せいぜい腕を伸ばした距離まで)また内蔵ストロボは直射的にしか光が飛ばないので、さきほど言いました「マリンスノー現象」を完全に防ぐ事はできません。(自然光撮影に切り替えるか、あきらめてしまうしかありません)。あともうひとつ。レンズの長さが邪魔になってしまい、被写体から数cmの撮影距離では、「ケラレ」と言って、レンズ鏡筒によってカメラの内蔵ストロボ光が遮られることにより、半円形の影が発生してしまう事があります。

zoom
(c)Masaaki Harada @ Ishigakijima
内蔵ストロボで接写すると、ではこのようにケラレという現象が起こってしまう事がよくあります。

光ファイバーケーブルの必要なワケ

光ファイバーケーブル (Fiber-optic cable) は、外部ストロボとデジタルカメラの内蔵ストロボをシンクロ(同調)させる働きをします。光ファイバーケーブルは、光ファイバーに保護被覆を施した光信号の伝送回線の事を言い、光の信号をほとんど減衰せずに伝達することが出来ます。
あえて、はっきり言います。
「外部ストロボをご使用の際は、必ず光ファイバーケーブルをご使用ください」
水中では陸上と違い、あらゆる邪魔(浮遊物等)が存在します。デジタル対応の外部ストロボはデジタルカメラのプレ発光する内蔵ストロボの光を拾って(スレーブ)それに合わせて発光します。それを確実に伝達するブリッジ(橋)の役目を果たします。
光ファイバーケーブルを使わず、内蔵ストロボと外部ストロボを同調させようとすると、同調しなかったりしたりと不安定になります。
確実な同調をさせるためには、デジタルカメラの調光窓から、光ファイバーを使って外部ストロボまで光を導く。と覚えておいてください。

※YS-110をコンパクトデジタルカメラと組み合わせる際は、必ず光ファイバーケーブルをご使用ください。

@ PNG
@ PNG

光ファイバーケーブルについての製品情報はこちらをチェック

ストロボ撮影の動作をムービーでもご覧になれます。

ストロボ撮影に使われる基礎用語も覚えておくと便利です

■ストロボ
シャッターと連動し、強力な光を発する補助照明装置。フラッシュともいいます。
コンパクトデジタルカメラ内蔵のフラッシュは光量が弱く、遠い被写体の撮影には効果が殆どないのに比べ、外部ストロボは遠い被写体の撮影にも効果を発揮します。
■EV
絞り値とシャッタースピードの相関関係を示した露光量でExposure Valueの略。光の量(明るさ)を指すもの。
■色温度
光の強弱によって異なる光の色を、温度によって表したもの。K(ケルビン)という単位を使用します。晴天の太陽光(5500K)を基準とし、それよりも高くなると青っぽい光、低くなると赤っぽい光となります。
■スレーブ機能
ワイヤレスでメインのストロボが発光すると、サブストロボがその光を感知し、同時に発光する仕組みです。
■GN
ストロボの光量を表す単位です。ガイドナンバーと読みます。通常、そのストロボを最大発光させた場合に、ISO100フィルムを使用して、1m先の被写体を写す場合の適正絞り値のこと。数値の大きい方が、光量が多くなります。
■ストロボ照射角
ストロボの光が当たる広さのことです。使用するレンズの画角より狭い場合、周囲が暗くなります。この場合、ストロボを2灯使用し、照射範囲を広げて対応します。
■リサイクルタイム
ストロボは、電気を蓄えて、一気に放出することにより、閃光を発生させます。 このため、1度発光を終えると、次の発光のために電気を蓄える時間が必要になります。この準備のための時間がリサイクルタイムです。
■減光フィルター
ストロボの調光範囲より近い場合(例えばマクロの時)に適正な光量を得るのに有効です。約1絞り分の光量を落とす働きがあります

外部ストロボについての製品情報はこちらをチェック