基本セッティング2

ストロボを1灯装着してみましょう。

zoom

ストロボの準備?ハウジングとの接続

zoom
本体から外したバッテリーキャップからO-リングリムーバーを使って、O-リングを取り外します。O-リング及び、O-リング接触面を掃除し、ゴミやホコリを取り除き、傷がないか確認します。必要に応じてシリコングリスをO-リングに塗布します。
zoom
バッテリーの方向を間違えないよう確認しながら、ストロボにセットします。
zoom
バッテリーキャップの丸印と本体の白丸を合わせ、まっすぐゆっくり押し込み、時計方向にカチッと音がするまで回します。
zoom
ストロボ本体のコネクターキャップを外し、シンクロコードのコネクターのO-リングをバッテリーキャップ同様にメンテナンスした後、接続します。
zoom
zoom
今度は、ハウジング側のコネクターキャップを外します。シンクロコードのコネクターとハウジングのストロボコネクターを合わせ、ゆっくり押し込み、コネクター押さえナットをねじ込みます。シンクロコードコネクターはダブルナットになっています。装着するときは上のナットを締めてから下のナットを締めます。逆に外すときは、下のナットを緩め、最後に上のナットを緩めます。
zoom
これまでの一連の動作をムービーでもご覧になれます。

アームでストロボを固定します

zoom
アームベースをグリップのブラケットシューに
差し込み、固定ボルトを締め付けます。
zoom
アームの先端にストロボを固定し、アームの各関節にある締め付けボルトを締めます。
zoom

最後に発光テストをして終了です

これまでの一連の動作をムービーでもご覧になれます。
これでストロボ撮影ができます。2灯で使用する時は、デュアルシンクロコード/Nで2股にします。
TTLコンバーターを装着するには、次ページの「TTLコンバーターのセッティング」をご覧ください。