TTLコンバーターのセッティング

TTLコンバーターをセットしてみましょう

zoom

TTLコンバーターの準備

TTLコンバーターは電池式です。電池の装着及び交換は、本体の水分を十分に拭き取り、乾いた
手でおこなってください。本製品に使用できるバッテリーは、CR2リチウム電池です。
zoom
バッテリー蓋をコインなどで、反時計回りに回して外します。
バッテリーボックスの表示に従い、+?の向きを間違えないように電池を入れてください。
zoom
バッテリーボックスのO-リング面とバッテリー蓋のO-リングにゴミや傷などがないか確認し、O-リングにシリコングリスを少量塗ってください。
※O-リングの取り扱いを参照してください。
バッテリー蓋を時計方向に止まるまで確実に回します。

TTLコンバーターをグリップへ取り付けます

zoom
ハウジングの左手グリップからビス(短×2本)を外し、各部品を取り外します。
zoom
zoom
プラスのドライバーで再度、取り付けてください。

ストロボの接続方法

zoom
コネクターのキャップを外し、シンクロコード
のコネクターに傷、ゴミなどのないことを確認してください。
zoom
ハウジング側のキャップ(TTLコンバーターコネクター)を外します。シンクロコードのコネクターとTTLコンバーターコネクターを合わせ、ゆっくり押し込み、コネクター押さえナットをねじ込みます。コネクターはダブルナットになっています。装着するときは上のナットを締めてから下のナットを締めます。逆に外すときは、下のナットを緩め、最後に上のナットを緩めます。
 

ハウジングとの接続

TTLコンバーターは、コンバーター用コネクターを搭載しているカメラハウジングに接続し、使用することができます。使用可能ハウジングについては、対応機種一覧表をご覧ください。
※TTLコンバーターはストロボコネクターが2基搭載されており、ストロボを1灯もしくは2灯で使用することができます。使用可能ストロボについては、対応機種一覧表をご覧ください。

zoom
ハウジングのコンバーター用コネクターのキャップを外します。
それからコンバーター用コネクターに、カメラ接続ケーブルを接続してください。
zoom
本体のストロボコネクターキャップを外します。本体のストロボコネクターに、ストロボのシンクロコードを接続してください。
zoom
●各機材との接続は、必ず、すべての機材の電源をOFFにしておこなってください。
電源を入れたままコードの抜き差しをすると、機材の故障など、思わぬトラブルの原因になります。
●コンバーターに接続した機材の電源を入れる際は、最初にコンバーターの電源を入れてから接続されている他の機材の電源を入れてください。ストロボの電源が入った状態でコンバーターの電源を入れると、ストロボが発光することがありますが、故障ではありません。
●カメラ接続ケーブルは、必ず、コンバーター用コネクターに接続してください。コンバーター用コネクター以外のコネクターと接続するとコネクターが破損します。
●ストロボを2灯接続して使用する場合は、必ず同一のストロボを使用してください。異なるストロボを2灯で使用すると、調光が不安定になる場合があります。
●接続状況によっては、カメラがストロボを認識しない場合があります。そのような場合は、コンバーターの電源を入れなおしてください。