ニュース

HOME > ニュース > 2012年04月11日
ニュース
ニュース

ニュース

Press Release

プレミアムコンパクトカメラ「リコーGR DIGITAL IV」用ハウジング「MDX-GRD Ⅳ」を4月下旬に発売開始します。

2012年04月11日

プレミアムコンパクトカメラ「リコーGR DIGITAL IV」用ハウジング「MDX-GRD Ⅳ」を4月下旬に発売開始します。

U/W Housing for RICOH GR DIGITAL IV / III

完成されたGRデザインを水中でもそのままに。写真家をも魅了する描写力をもったプレミアムコンパクトカメラ「リコーGR DIGITAL IV」用ハウジング。

MDX-GRD Ⅳハウジング(ブラック)(ハウジング本体のみ)
オープンプライス 06161

【主な特長】
軽量・小型設計
エルゴノミクス (人間工学) デザインに基づいて設計されたMDX-GRD Ⅳは、アルミ無垢材を採用した全工程、精密マシニング加工。ハウジング収納時、GRカメラはそのまま完璧にジャストフィットします。

●光ファイバーケーブルコネクター2基搭載
コネクターにL型光ファイバーケーブルを差し込むだけで、カメラ側の内蔵フラッシュ光を検知して外部ストロボに光接続。被写体や撮影意図に合わせ、本格的なライティング志向とクリエイティブ表現を可能にします。

●ポート部はDX-1G/2G共通ポートヨバネットマウントを採用
ポート先端部にはそのままダイレクトにDX-1G用ワイドコンバージョンレンズ(※)(オプション)が装着可能。
※標準ではワイド側28mm(35mm判換算)の画角が、さらに最大約18mm相当まで広がります。バヨネットマウント方式でワンタッチ取り付け、さらに水中脱着可能(水陸両用)。
※ワイドコンバージョンレンズを装着した状態で内蔵フラッシュを使用すると画面に影が写り込みますので、外部ストロボとの併用をおすすめします。

【その他の特長】
●レンズ付遮光フード(オプション)が装着可能。液晶モニターの周り全てをフードで覆うことで外光の影響を軽減、四隅まで鮮明に見えるようになります。 
●ハウジング本体にアームをダイレクトに差し込める「SA8 M10固定式ボールベース」装着部は、カスタマイズの幅を広げつつ、スタイリッシュ&コンパクトなライティング態勢を構築できます。
●ハウジングの開閉には、樹脂製の回転バックル(ロック付)とヒンジ機構(フロント/リア)を採用。簡単に裏蓋を開閉できます。
●ハウジング底面の三脚ネジ穴を介してSA8を装着すれば、最大2灯まで外部ストロボの装着が可能。
※本製品はGR DIGITAL IIIにも対応します。ただし、AF補助光位置が異なるため、AF補助光をOFFにしてご使用ください。

【主な仕様】
材質
ボディ:耐腐蝕アルミ合金、アルマイト処理(ブラック)
耐圧水深:55m
本体サイズ:幅158mm×高さ99mm×奥行88mm(ポート部含む)
重量:約800g(ハウジングのみ)
水中重量:約230g(カメラ含む)
対応ストロボ:YS-01、YS-02、YS-110α、YS-D1、YS-250PRO(2012年4月現在)

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。