コンバーター関連 | ミラーレス/一眼レフ用ハウジング関連 | SEA&SEA

アクセサリー

マニュアルフラッシュトリガー(MFT/S)

¥27,500 (税込) 品番 50145
ストロボの発光信号をLED光に変換する装置。電池残量 チェック機能により、電池切れによる発光不能になるリスク を減らします。マニュアル発光のみ対応。駆動時間は約 100時間。
仕様
使用可能電池(CR1632・コイン型リチウム電池)
連続待機時間 約100時間
発光可能回数 約12,000回
使用環境温度 1℃~40℃

光コンバーター対応ハウジングはMFTにも対応します。
Sony対応製品です。
マニュアル発光に対応したストロボのみ使用できます。
TTL発光は行えません。

関連製品

アクセサリー

マニュアルフラッシュトリガー(MFT/CN)

¥27,500 (税込) 品番 50144
ストロボの発光信号をLED光に変換する装置。電池残量 チェック機能により、電池切れによる発光不能になるリスク を減らします。マニュアル発光のみ対応。駆動時間は約 100時間。

仕様
使用可能電池(CR1632・コイン型リチウム電池)
連続待機時間 約100時間
発行可能回数 約12,000回
使用環境温度 1℃~40℃

光コンバーター対応ハウジングはMFTにも対応します。
Canon/Nikon対応製品です。
マニュアル発光に対応したストロボのみ使用できます。
TTL発光は行えません。

関連製品

アクセサリー

MDX用光コンバーター/CR

¥44,000 (税込) 品番 50143
キヤノン EOS Rのストロボ信号に対応した、TTL発光可能な光コンバーター。フラッシュ光ではなく、LEDを発光トリガーとしている為、コンバーター側のリサイクルタイムは0秒、ストロボのリサイクルタイムで発光可能です。

使用可能ストロボはYS-D2、YS-D1となります。その他の仕様は他の光コンバーターに準じます。

アクセサリー

MDX用光コンバーター/C2

¥44,000 (税込) 品番 50142
カメラ側のアクセサリーシューに取り付け、TTL信号をLED光信号に変換する小型トランスミッター。当社製ストロボを光ファイバーケーブル(※1)で接 続し、ハウジング側のモードスイッチをプッシュ操作することで、TTL調光モード/マニュアル調光モードに切り替えての撮影が可能になります。 
(※1)ご使用になるには、当社製の光ファイバーケーブルIIが必要です。

[MDX用光コンバーター/C2 対応ハウジング]MDX-7D Mark IIMDX-5D Mark III ver.2(EOS 5Ds/5DsRをご使用の場合)MDX-5D MarkIV

拡大画像はこちら
FAQ
 
・光コンバーターC2 / 5DmarkIV / YS-D2ストロボの組合せにおいての注意点
上記の組合せにおいて、ディフューザー100/120を装着した状態で
「陸上」で発光を行った際、同調しない現象が起きる可能性がございます。
その際はディフューザーを取り外して発光を行ってください。
 
ディフューザーを外した状態で同調していれば、製品上の問題はありません。
水中におきましてはディフューザーをつけて発光をしても上記の症状は
発生しません。
仕様
[操作]電源ON/電源OFF/TTLモード(青点灯)/マニュアルモード(緑点灯)※バッテリー残量情報はLEDランプが点滅して知らせます。
[オートパワーオフ]1時間 ※モードスイッチを押すことでオートパワーオフから復帰。
[使用電池] 2×AAA(単4電池×2本) ■ A: 3.0V ■ Ni-MH: 2.4V
[連続使用(ON)時間 (※2)] ■ A:15時間■ Ni-MH: 12時間 (※3)
[材質] アルミ合金(ケース)
[サイズ] 幅54.4mm×高さ41.4mm×奥行48.8mm(ケーブル含まず)
[重量] 54g(電池含まず)
※その他ハウジング、旧ハウジングには使用できません。
※2 当社試験条件に基づく連続使用回数の目安です。電池メーカーや温度、使用頻度によって異なります。
※3 ニッケル水素電池での連続使用のデータ値は750mAh(eneloop)で計測したものです。

「光コンバーターの取り付け方の説明」
セッティングする際の基礎知識をわかりやすく映像でご紹介します。

(スチール撮影:古見きゅう / 撮影場所:伊豆・川奈 / 協力:川奈日和)
アクセサリー

MDX用光コンバーター/N1

¥44,000 (税込) 品番 50126
カメラ側のアクセサリーシューに取り付け、TTL信号をLED光信号に変換する小型トランスミッター。当社製ストロボを光ファイバーケーブル(※1)で接続し、ハウジング側のモードスイッチをプッシュ操作することで、TTL調光モード/マニュアル調光モードに切り替えての撮影が可能になります。 
(※1)ご使用になるには、当社製の光ファイバーケーブルIIが必要です。

[MDX用光コンバーター/N1 対応ハウジング]MDX-D810MDX-D7100MDX-D500MDX-D850
※ご使用になる機種により、ファームウェアの変更が必要になる場合がございますので、下記の対応表にてご確認ください。

拡大画像はこちら
FAQ
仕様
[操作]電源ON/電源OFF/TTLモード(青点灯)/マニュアルモード(緑点灯)※バッテリー残量情報はLEDランプが点滅して知らせます。
[オートパワーオフ]1時間 ※モードスイッチを押すことでオートパワーオフから復帰。
[使用電池] 2×AAA(単4電池×2本) ■ A: 3.0V ■ Ni-MH: 2.4V
[連続使用(ON)時間 (※2)] ■ A:15時間■ Ni-MH: 12時間 (※3)
[材質] アルミ合金(ケース)
[サイズ] 幅54.4mm×高さ39.5mm×奥行53.3mm(ケーブル含まず)
[重量] 54g(電池含まず)
※その他ハウジング、旧ハウジングには使用できません。
※2 当社試験条件に基づく連続使用回数の目安です。電池メーカーや温度、使用頻度によって異なります。
※3 ニッケル水素電池での連続使用のデータ値は750mAh(eneloop)で計測したものです。

「光コンバーターの取り付け方の説明」
セッティングする際の基礎知識をわかりやすく映像でご紹介します。

(スチール撮影:古見きゅう / 撮影場所:伊豆・川奈 / 協力:川奈日和)
  • ※ご利用いただける
    クレジットカード
シーアンドシー株式会社
〒145-0062 東京都大田区北千束1-4-6トーカドエナジービルB1
ダブルタップして
ズームできます